menu
people 第1回 島根大学ユネスコチェア講演会 (2018.10.05)

「中国チベット高原東縁の活断層帯における地質災害に関する研究」

”Study on the geo-hazard developed in active fault zone on the eastern margin of Tibetan Plateau, China”

Guo Changbao博士は中国地質科学院地質力学研究所の若手研究者で、外国人研究者として、島根大学総合理工学部地球科学科で一カ月間共同研究を実施しています。Guo博士は長年チベット高原での野外地質調査を実施しており、活構造と地質災害との関連性について研究を行っています。今回の講演内容は、Guo博士の研究成果の集大成で、是非お聞きください。


link 181005UCLec_1st.pdf picture_as_pdf



戻る